NEWS

スペシャルオリンピックス日本とB.LEAGUE Hopeがパートナーシップ締結!

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)の社会的責任イニシアティブである「B.LEAGUE Hope」と公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(以下、SON)は、ユニファイドスポーツを通じたインクルージョン社会の実現を目指し、パートナーシップを締結することとなりました!
それを記念し、2018年5月26日(土)に横浜アリーナにて開催されるB.LEAGUE FINAL 2017-18の試合前のコートでパートナーシップ調印式を開催します。また当日は、ファイナルの会場でSONから知的障害のある人(アスリート)と知的障害のない人(パートナー)が参加し、ユニファイドバスケットボールのスペシャルゲームも実施します。知的障害のある人の“ために”(For U)ではなく、ともに(With U)。「一緒ならなんだってできる」という本イベントのメッセージのもと、カッコよく、力強い選手達が皆様の障がい者スポーツの概念を吹き飛ばします!ご注目ください。
※ユニファイドスポーツ®(Unified Sports®)は、知的障害のある人(アスリート)と知的障害のない人(パートナー)でチームを作り、練習や試合を行い、スポーツを通じてお互いに相手の個性を理解し合い支え合う関係を築いていくスペシャルオリンピックスの取り組みです。

B.LEAGUE FINAL 2017-18 調印式》《Unified Sports BasketBall Special Game

■名称:B.LEAGUE FINAL 2017-18 B.Hope Action Unified Sports BasketBall Special Game
    一緒なら、なんだってできる #withU supported by ANYTIME FITNESS
■開催日時:2018年5月26日 (土) 12:30~13:00
■開催場所:横浜アリーナ
■実施内容:ユニファイドスポーツ(バスケットボール)のスペシャルゲームを実施
      スペシャルオリンピックス日本とB.LEAGUE Hope のパートナーシップ調印式
■参加者:三井嬉子(スペシャルオリンピックス日本 会長)
     小塚崇彦(スペシャルオリンピックス日本ドリームサポーター/フィギュアスケーター)
     大河正明(B.LEAGUE チェアマン)