B.MAGAZINE

川崎vs琉球|中地区1位と、西地区3位の上位対決…ジャニングと今村のマッチアップに注目

2023.01.19

見どころ・レポート

 

 

Bリーグ 2022-23 B1リーグ戦 第19節

川崎ブレイブサンダース vs 琉球ゴールデンキングス

2023.1.21(土)
18:05 TIP OFF
神奈川県|川崎市とどろきアリーナ

 

詳しくはこちら
2023.1.22(日)
16:05 TIP OFF
神奈川県|川崎市とどろきアリーナ

 

詳しくはこちら

 

 

 川崎ブレイブサンダースは前節、シーホース三河を86-74で破り、2023年のホーム初勝利を挙げた。第4クォーターに同点へ追いつかれたが踏みとどまり、ニック・ファジーカスが22得点、ジョーダン・ヒースが16得点をマーク。マット・ジャニングは6本の3Pシュートを射貫いた。さらに、リバウンド争いでも12本差をつけて、地力の差を見せつけた。

 その球際の強さは、今節の琉球ゴーデンキングス戦でも必要不可欠。琉球がリーグ1位のオフェンスリバウンドを誇るだけに、川崎はB1最多のディフェンスリバウンドを武器に跳ね返せるか。相手のセカンドチャンスをつめば、攻撃で勢いづく。年明け以降4戦連続2ケタ得点のジャニングは、琉球の堅守攻略の鍵になりそうだ。

 対する西地区3位の琉球は、ジャニングとマッチアップが予想される今村佳太が前節活躍。76-64で勝利したファイティングイーグルス名古屋戦で23得点を記録。さらに、チームはジャック・クーリーを欠き、アレン・ダーラムがファウルトラブルになる中、リバウンド争いで相手を圧倒した。練習生から契約を勝ち取った控えの植松義也の奮闘も光った。

 今節の川崎戦では、クーリーの2試合ぶりの出場が見込まれる。ただ、相手のインサイド陣は戦力が充実しているため、ファウルトラブルも想定すれば、この試合でも植松の力は必要になりそうだ。前々節の島根スサノオマジック戦で惜敗したが、劣勢を立て直したのは牧隼利らセカンドユニットだっただけに、中地区1位から総力戦で2連勝を引き寄せたい。

文=大橋裕之

 

 

関連動画

 

 

 

関連リンク

 

 

 

  • SHARE ON |
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE